谷藤友彦ー本と飯と中小企業診断士

事業戦略策定、Webマーケティング・法人営業力強化などを支援している人間の頭と腹の中身。

カテゴリ:書評 > ドラッカー

本書は、ドラッカーが70代で『ウォールストリート・ジャーナル』などの雑誌に寄稿した論文を1冊にまとめたものです。高齢になっても筆の勢いが衰えないどころか、高齢になっていよいよ筆の勢いが増しているのには全くもって脱帽です。僕は20代の頃からドラッカーが好きで、さ ... もっと読む

ドラッカーは代表作『マネジメント』の中で、次のように述べています。「トップマネジメントの仕事とは、1人の仕事ではなく、チームによる仕事である。トップマネジメントの役割が要求するさまざまな体質を、1人で併せもつことはほとんど不可能である。しかも、1人ではこなし ... もっと読む

本書には13の論文が収められています。最も古いものは1946年、最も新しいものは1992年で、実に40年以上にわたって書かれた論文集です。本書もまた、マネジメント、政治、経済、社会に対するドラッカーの鋭い洞察をうかがうことができます。ドラッカーの主張は、割と「今とな ... もっと読む

本書は、ピーター・ドラッカーが1991年以降に書いた25の論文に2つのインタビュー記事を合わせて1995年に出版されたものです。ドラッカーは1909年生まれですので、何と80代での著書となります。実は、ドラッカーが40~50代の頃に書いた著書(代表例が『現代の経営』)は、独特 ... もっと読む

8/25(木)、隔月で実施している「ドラッカー勉強会」第3回を開催しました。ドラッカー名著集15冊を2年半かけて読もうという壮大な勉強会です。⁡⁡⁡⁡今回の題材は『現代の経営(下)』でした。【①コミュニケーションの重要性】経営管理者は「言葉」を知らなければならな ... もっと読む

↑このページのトップヘ