谷藤友彦ー本と飯と中小企業診断士

事業戦略策定、Webマーケティング・法人営業力強化などを支援している人間の頭と腹の中身。

カテゴリ:書評 > 経営

《要点》◆セレブリックス社の調査によると、提案型商材の場合、新規営業で商談に至ったお客様のうち、受注するお客様の割合は18%であり、実に82%のお客様は「買わない」。買ったお客様のデータよりも、買わなかったお客様のデータの方が蓄積されやすい。「買わない理由」 ... もっと読む

《要点》◆「Before AI」の時代には、①設定された課題に対して早く/正確に正解を導き、②正しい情報を意思決定者へ上げ、③組織の判断に沿って着実に成果を出すフォロワーシップが重要視された。組織内では、④集団の”らしさ”に沿って生きる力が求められた。これに対して ... もっと読む

本書は、先日紹介した太田裕朗、山本哲也(2022)『イノベーションの不確定性原理』(幻冬舎)の著者が執筆の際に大いに参考にしたであろう1冊です。「世界は『自由』と『失敗』で進化する」というサブタイトルがその内容を端的に表しています。「イノベーションを生み出す秘 ... もっと読む

《要点》◆マーケティングの理想形は、「顧客視点で顧客に価値を提供できている」状態である。マーケティングの導入には、顧客視点で組織を超える「世直し革命」が必要となる。ツール導入、データ統合、デザイン刷新のような、自分たちの部署だけで完結する「やった感のある ... もっと読む

《要点》◆「イノベーションはある環境のなかでさまざまな変化が生じ、それが淘汰され淘汰を生き延びた結果が社会にいきわたることであり、それにより社会全体が大きく変化することである」(p16)◆イノベーションには個人が主体的に設計しえないこと、事前に計画できないこ ... もっと読む

↑このページのトップヘ