谷藤友彦ー本と飯と中小企業診断士

事業戦略策定、Webマーケティング・法人営業力強化などを支援している人間の頭と腹の中身。

カテゴリ:書評 > 哲学

《要点》◆聖書の「愛の賛歌」にはこんなくだりがある。「わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを〔鏡を通して、謎において〕見ている。だがそのとき〔完全なもの=神が来たとき〕には、顔と顔を合わせて見ることになる」。「顔と顔を合わせて見ることになる」のは「 ... もっと読む

《要点》◆「意志の弱さ(アクラシア)」とは、「そうしない方が善いと考えて、そうしないことができるはずなのに、そうしてしまう、あるいは、そうした方が善いと考えて、そうすることができるはずなのに、そうしないこと」である。アリストテレスはこうした意志の弱さにつ ... もっと読む

NHK出版が出している「哲学のエッセンス」という全24巻のシリーズを20~30代の頃に集めたものの、未だに全部読み切れておらず、今度こそ完読しようと決意しました。3年ぐらいかけて、1冊ずつInstagramに読後感想をアップしていきたいと思います。第1弾は『プラトン―哲学者と ... もっと読む

↑このページのトップヘ